教えて!表彰楯の作成ガイド

HOME > 表彰楯について > もらうとうれしい表彰楯の作り方

もらうとうれしい表彰楯の作り方

会社においては、仕事で目覚ましい功績をあげたり、長く勤めてきたことを表して表彰されることがあります。
そんなとき、もらえるとうれしいのが表彰楯です。
仕事ぶりを評価する文言が入っていれば、自分のことを認めてこの楯を作ってくれたということが、今後の仕事にまたポジティブな影響を与えるでしょう。
長年勤務していることを表彰する文言であれば、これからもこの会社で頑張ろうと決意を新たにすることができます。
その他にも、スポーツなどの競技をやっている場合、表彰楯をもらうということは、成績がよかったということを意味します。
もらえること自体が誇らしいことですが、自分の力を周囲に客観的に示すアイテムにもなります。
スポーツには他にもメダルというアイテムがあり、どちらももらえることが多いのも特徴です。


会社や学校、団体に所属して何かの活動に打ち込み、その成果を表彰されるというのはうれしいことですが、ほとんどの人にとって縁のないことでもあります。
近年、能力至上主義から、終身雇用制度は崩壊し、永年勤続者表彰をしているところはほとんどないでしょう。
逆に、成績のいい人や会社に貢献した人への表彰が増えているかもしれません。
スポーツをしていないのなら、競技で表彰されることもありませんので、人生のうちで何かを認められ、表彰される経験がない人の方が圧倒的多数です。
それならば、どんなことでもいいので自分たちで表彰してしまえば、もらえてうれしいという経験をすることができます。
仲間内でのゴルフやフットサル、草野球など、数人集まる場合や、チームで競う場合には、最も成績がよかったところに贈る表彰楯を作ることが、モチベーションアップにつながります。


スポーツの場合は、競技内容を連想させるレリーフがありますので、それをお好みの楯に入れて作るのが一般的です。
さらに大会名や、競技が実施された日付、何に対する表彰楯なのかを記すことで、一目見て何を表彰した楯なのかがわかるようになります。
誰かから表彰されることを待っていても、その機会がないのなら、何かを表彰する機会を見つけ、自分で表彰してしまいましょう。
今や、たくさんの種類の表彰楯を作ることができますので、楽しみながら作れます。
インターネットで注文を受け付ける店もたくさんありますので、何かの記念や節目に、自分で自分に表彰楯を贈るのもいいかもしれません。
年を取って仕事からは引退したけれど、グランドゴルフやゲートボールをやっているという人であれば、表彰楯を作って表彰することによって、仲間内で大いに盛り上がることウケアイです。

カテゴリー

HOME