教えて!表彰楯の作成ガイド

HOME > 表彰楯について > 企業オリジナルの表彰楯でモチベーションを上げる方法

企業オリジナルの表彰楯でモチベーションを上げる方法

従業員のモチベーションアップのために、企業オリジナルの表彰楯を製作することをお勧めします。
なぜ表彰楯なのか、それは、現在世界中で活性化している企業の表彰制度を最大限に活かすためです。
表彰制度は従来の人事制度とはまったく異なる側面を持つ制度。
企業に限らずあらゆる組織に従事する人員の意識を高め、団結させ、結果的に業務効率を上げる制度として注目されています。
一言で言えば従業員のモチベーションアップですが、これが今後企業が生き残っていくために必須事項となりつつあることはご存知でしょうか。
各企業がオリジナルの賞を作成し、その表彰としてオリジナル表彰楯などをオーダーしています。
日本では昔から永年勤続表彰や定年退職表彰などが導入されていましたが、こうした制度は報酬や役職とはまったく異なる意味で存在するもの。
近年はもっと幅広い企画が採用されており、社内コンペティションなども活発に行われている背景があります。


表彰楯は、表彰されたことを記念するものであり、同時に会社や組織から感謝され認められた名誉を具現化したものです。
それだけに、飾っていて美しいものが好まれ、美しいクリスタルガラスや、天然木などが人気を集めています。
人事制度ではなく、賃金にも関係のない表彰という制度で、組織が活性化するのはとても意義のあること。
目的はただ一つ、働くものにやる気を持ってもらうということのみです。
スタッフの意識の向上が生産性の向上に結び付くのは、もはや常識と言われるもの。
現代の企業マネジメントでは中心的考え方となっています。
基本的に表彰制度に決まった定義はありませんが、独自に企画し、企業からの「感謝と認知」を伝えるものとなっています。
あくまでもインセンティブではなく、各社従業員の意識を上げる取り組みと捉えましょう。


一番大事にしたいのは、表彰を受けた人員が自分に自信を持ち、自分は組織に必要とされ、周囲に認められた人材であるという意識を得ることです。
成果主義と言いつつ、結局は成果をあげても賃金引上げやボーナスの支給が難しくなりつつある現代。
組織に上下がなくなり、年齢も関係なくすべてがフラット化しつつある職場では、名誉的な役職もなくなり昇進もありません。
働く上でどこに目標を持ち、自分が価値ある人材だと認めてもらえるのか、やる気を得ることは難しくなっているのは事実。
そんな悩める従業員へ光をあてられるのが、表彰制度かもしれませんね。
一人ひとりのやる気は企業の業績に直結します。
役職でもインセンティブでもないものがやる気を高め、企業を活かします。
表彰楯には、そんな企業の心が詰め込まれているべきなのです。

カテゴリー

HOME