教えて!表彰楯の作成ガイド

HOME > 表彰楯について > 表彰楯とトロフィーのどちらを選んだらいいのか

表彰楯とトロフィーのどちらを選んだらいいのか

スポーツの大会やピアノの発表会など、表彰を行う場面はさまざまありますが、その際、どんな記念品を選んだらいいのか悩んでしまうという場合も多いでしょう。
代表的な記念品には表彰楯やトロフィーがあり、これらの記念品を総称して「トロフィー」と呼ぶ場合もありますが、当然のことながらそれぞれの記念品には違いがあるため、選ぶ際はその違いを知っておくことが重要です。
まず表彰楯は、もともと矢や刀などによる攻撃から身を守るための道具だったものを、優れた人物に贈るなどしたことが始まりとされているため、戦いに使う楯のように平たい形状をしています。
表彰楯の素材は木製のものが多く、デザインとしては勝利を讃えるような図柄が最初からついているものや、競技に合わせてマークが付けられるものなどがあります。
一方のトロフィーは、4本柱の造りになっているものなど縦長の形状をしており、豪華で目立ちやすいのが特徴だと言えるでしょう。


表彰楯とトロフィーの見た目の違いによる選び方に関しては、まず表彰楯の場合は、スポーツ大会などの順位に対する表彰ではなく、成績に対する表彰や個人に対する表彰に使用される場合が多いと言えます。
例えば、その年の成績を表彰したり、その大会のMVPを表彰する場合などの順位に関係ない場合や、記載する文言が多くなるような場合に向いていると言えるでしょう。
一方のトロフィーは、サイズなどによって見た目の違いが分かりやすいため、順位に対する表彰によく使用されていますし、見た目のインパクトも強くなります。
この点、表彰楯の場合はサイズの種類があまりないため、順位別に使用する場合は見分けがつきにくくなるケースが多いと言えるでしょう。
また、一つの大会の中で表彰楯とトロフィーを両方使うのも良い方法だと言えます。


アレンジやカスタマイズのしやすさに関しては、まず表彰楯の場合は、平たい形状になっていて表面積が広いため、さまざまなパーツを取り付けやすいという特徴があると言えます。
オリジナルのマークをつけたり、多めの文言を並べることも可能でしょう。
さらに使用する板の色や模様を変更するなど、アイデア次第でさまざまなカスタマイズを行うことが可能なため、よりオリジナルなものを希望する場合は表彰楯のほうがおすすめです。
一方のトロフィーは、基本的にカスタマイズやアレンジができる場所が少ないと言えます。
しかし、土台部分の金属プレートのデザインをオリジナルのものにしたり、加工する方法を変えることで見た目を変えるといったカスタマイズが可能ですし、本体部分をオリジナルのものにするといった方法もあります。

カテゴリー

HOME