教えて!表彰楯の作成ガイド

HOME > 表彰楯について > 表彰楯を作るのは実はとても簡単だ

表彰楯を作るのは実はとても簡単だ

何らかの大会で優勝したり、3位以内に入ることでトロフィーなどがもらえることがあります。
表彰楯もそうした結果を残した証として優秀な成績を修めた人がいただける特殊な物の印象があります。
銀や銅など、金属で作られることが一般的ですが、重さもけっこうあって重厚感があります。
よく学校の運動会などで優勝したところが旗とトロフィー、準優勝が楯をもらうことが多いですが、別にどちらかに優劣をつけるわけではありません。
楯は刻まれる文様や文章などがくっきりと残り、彫刻そのものもかなり芸術的な面があって、実に存在感があります。
特にお金をかけた物に関しては相当な額の製造費がかかっていますから、関連サイトで相場を調べてみるのも面白いでしょう。
芸術的な面で凝っていればいるほど、その価格は高くなる傾向が見られます。


金属製の表彰楯が多い中、木製の物もかなりあることがわかります。
これらは金属製よりも軽くて彫刻も細かく、見た目もきれいです。
インテリアとしてもなかなかで、自分が過去にした栄光を人に伝えることができて非常に見栄えが良い点もうれしいでしょう。
記念品として贈られることが多いこのアイテムは、人に作ってもらうことが多いですが、人にあげたい時には専門の業者に依頼すると良いです。
業者はプレートの彫刻や材質、大きさなど細かい要望を聞いてくれて、何の大会で優勝したとか、優勝した日付などをきちんと刻印してくれて、大変恰好が良いです。
特殊なデザインやアニメのキャラクターの彫刻も請け負ってくれるので、イベントで使う時などは要望を聞いてくれる業者に依頼するのが一番です。
まずは業者探しから始めましょう。


日常で表彰楯を得る機会はそんなに多くありません。
ただ、ライフル競技や囲碁、麻雀などの大会は頻繁に行われているため、そこで優勝するだけの実力があるなら、毎年のように楯をもらうこともできます。
大会の運営をどこが行っているかによって、優勝賞品も変わります。
優勝の証として贈られるトロフィーや楯はそれ自体もかなりの価値がありますから、もらうほうとしてはとてもうれしいです。
部屋の中にずらりと楯があったりすると、とても誇らしい気持ちになるでしょう。
実は楯を作ること自体はとても簡単で、業者のサイトにアクセスして注文すれば、お金はある程度かかりますがすぐに作ることができます。
自分のために買うのではなく、大会のために作るなどイベントを意識して作ることで、相当芸術的かつ個性的な品物が出来上がります。

カテゴリー

HOME